読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕食ボランティアレポート ⑬  (H27年6月9日)

ボランティアレポート ⑬  (H27年6月9日)

 

16:50  ほのかちゃん帰宅

17:00  トイレ(〇)&入浴(ヘルパーさん)

17:45  移動&薬

17:55  食事

18:40  食事終了&歯磨き

19:00  トイレ(〇)

      パッドのチェック

      終了

 

 

メニュー

「サーモンまぐろ丼、鶏肉とがんもの炊き合わせ、しば漬け入りなます」

・サーモン、まぐろは解凍後水洗いし(生臭さを無くす為)、

 水けをふき取り、細かくカット。

・炊き合わせは全部細かく。

・しば漬けいりなますも細かくカット。

 

 

薬セット

夜4袋 (デパケンランドセン、マイスタン、カルバマゼピン天然酵母

椅子(座位保持)の準備~移動。

薬(出来るだけ残さない。)

 

 

食事

ごはんと生ものは別に盛り付けし、食べる時に合わせた。

今回、サーモン&まぐろ、炊き合わせの煮物、完食。

ごはんはいつもの量の2倍(おかわり)。

なますは、ごはんに混ぜたりそのままでとやってみたが

口に運んだら今まで動いてた口が固まってしまった。

途中、ペースが落ちてきた時

サーモン、まぐろをマヨネーズで和えたら、そこから食が進んでいた。

 

 

メモ

今回、カットする時、ハサミを使った。

次回から、生ものは冷凍状態でハサミでカット。

終了後、食事していた場所の床を拭く。

 

 

―感想&反省等ー

 

(きょうこ)

今回は日中、ケア会議にも参加したほのかちゃん。

お疲れだったのか、お風呂上がりに涙をポロポロとこぼす場面がありました。

今回は「手早く快適に」また、

「ほのかちゃんの気を散らさないように」を心がけました。

食事介助は、ゆきこさんスタート。

途中、食が進まなくなったのですが、お刺身にマヨネーズをトッピングすると

食べるペースが倍増!満面の笑みで、しかもおかわりまでしてくれて、

しば漬け入りなますと刻みねぎ以外は完食でした!

食後に利津こさんに「ねぎは嫌いじゃない」とお聞きし、

ねぎ+マヨネーズのアイディアがなく、

好きじゃなさそうだからNGと決めつけていることに気づきました。

栄養があるものなのだから、なるべくまんべんなく工夫していきたいと思いました。

食事介助は、途中で交代の予定にしていましたが、

ペースを乱したくなかったので、最後までゆきこさんにお願いしました。

久しぶりに大満足で食べてくれるほのかちゃんを見て、

とても幸せな気持ちになりました。

気付くと私はマヨネーズをお守りのように持ちながらヘルプしてました。

お風呂上がりから、車いすへの移乗とトイレ介助をさせていただきました。

ほのかちゃんの協力のおかげで、移動、電気の点消灯、トイレの水を流すなど、

今までの何倍もスムーズでした。

まだまだ全て一人でするのは難しく、ゆきこさんにヘルプしていただきました。

課題はたくさんありますが、一つひとつクリアしていき、

信頼関係を築いていきたいと思います。

今回も本当にありがとうございました。

 

 

(ゆきこ)

今回、食材のカットにハサミを使わせてもらいましたが、

早めに出来たのでいいかもしれないと思いました。(生ものの時は特に)

サーモンとまぐろの上に刻みねぎをちらす予定でしたが

食べる時に上に乗せるようにやってみて、口の動きが止まったので

苦手かもしれないと思い、残してしまった。なますも。

その後、ネギは嫌いじゃないとお聞きし、栄養面からも

食べる時の工夫が必要だったと反省でした。

前回より水を飲む量は少なかった。

夕食に入る前に(椅子に移動する前)涙を流す時がありましたが、

その後、笑顔になりました。

これからの季節、衛生面に特に注意していかなければと思いました。

ありがとうございました。

 

 

2015-6-17