読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

H27年8月4日 お風呂介助見学レポート

ニチイさんのお風呂介助見学レポート

 

入浴前にトイレへ。(有無と、時間を記録)

その後、お風呂場へ移動。

お風呂場で専用の椅子に座って

左 (左腕・左肩)から脱衣。

その後、全身をチェック。

いつもと様子が違っていたり、変化があればお母さんに報告。

 

お湯の温度は40℃くらい。

シャワーを足→背中→頭(髪)へかけていく。

頭にかける時は、「下を向いて目を閉じてください」と声をかけ、

下を向いてもらう。

 

シャンプーを適量手にとり髪を洗う。

痒い所がないか聞く。

シャワーで襟足から流す。

流し終わったら、タオルで顔を拭く。(ピンクの小さいタオルが用意してあった)

リンス。全体にまんべんなく付けた後、

流す前にブラシで整え、その後流す。

流す際、「下向いて下さい」と一声かける。

流し終わったら、タオルで顔を拭く。

 

石鹸を泡立て、顔を洗う。

目に入らないように、目の周りを避けて洗う。

「目をこすらないように」と声かけする。(目をこすることがあるため)

タオルを濡らして顔を拭く。

 

タオルに石鹸をつけて、体を洗う。

首辺りから洗っていき、足指の間も洗う。

全身を流す。

立ってもらい(左肩で支えながら)、届かなかった所を洗う。

 

 

入浴

専用のイスが浴槽の縁にぴったりついているか確認する。

腕を挟まないように気をつけながら、イスの右側の手すりを上げる。

座った状態のまま、体を回転させ、両足を膝下ぐらいまで、浴槽に入ってもらう。

介助者が先に浴槽に入り、浴槽の中で一緒に立ってから、

お湯に浸かってもらう。

座位は保てるので、介助者は浴槽から出て(一緒に遊びながら)見守る。


浴槽に浸かっている時間は10分以内。

夏は暑いので5分程度。


5分経ったら、介助者が浴槽に入る。両膝を曲げてもらい、

足が伸びないように、足で支えながら体を抱え、立ってもらう。

一旦、浴槽の縁とイスに座ってもらってから、体を引いて深く座ってもらう。

上がり湯をかける。

タオルで体を拭き、ガウンを着てもらう。(左腕から)

 

 

お風呂上り 

リビングへ移動

敷いてあるタオルの上に座ってもらう。

カーテンを閉める。

ガウンからパジャマに着替える。

着る時も左腕から。


着替えたら髪を乾かす

ドライヤーでブラシなども使って手際よく乾かす。


浴室と使用したタオル等を片付ける。

 

 

終了。

 

H27.8.27 00:17