読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕食ボランティアレポート ㊷  H28年3月22日(火)

17:00  帰宅

     トイレ〇

18:05  薬

18:15    食事

18:55    食事終了  歯磨き

19:05 トイレ×

20:10 トイレ〇


薬 4袋

デパケンランドセンカルバマゼピン、マイスタン、天然酵母


メニュー

「ポテト&ベーコングラタン ・ チキンと温野菜のサラダ ・ ミネストローネ」

チキンと温野菜のサラダはハサミで細かくカット。

グラタンはスプーンで食べる直前にほぐしました。

ミネストローネは、具とスープを分けて。


メモ

とても好きなメニューだったので、

口に運ぶのが間に合わないぐらいで、短時間で完食しました。

食事途中で何度かスープを口に持って行きましたが、ほとんど飲まず、

全部食べ終わってから最後に一気に飲みました。

この日は、最後に飲みたかったようです。


今回、私も薬の混ぜ方から飲ませ方のレクチャーをしていただきました。

・容器に薬をすべて入れる

・ごく少量の水をいれ容器を回すように薬を混ぜ溶かす。

 大きく回すと容器の壁面に薬が付くので、小さく回すようにする。

 (この段階で溶かした状態は、サラサラではなく少しトロっとしている)

・タオルを8つに折って顎に添って口の下に当て、薬を口に運ぶ。

・再度容器にごく少量の水を入れて残った薬を混ぜ溶かす。

 (これを3回ほど繰り返すと、

       容器はまるで洗ったかのようにキレイになっていた。)

・タオルに薬がついてしまった場合は、歯でこ削ぐようにして口の中に入れる。

・飲み込まない時は、息が出来る程度に鼻を半分ほどつまんで、飲み込みを促す。

 (最初はすぐに飲み込んでくれるが、2回3回と回を重ねると

       なかなか飲み込んでくれないように見受けられた)

・飲み込むときに口から溢れてしまわないように、口の中に入れる量を調整する。

 これまで、小さな容器に薬と水を入れて指で混ぜていましたが、

 一切指は使わず容器を回して混ぜ溶かす方法は新鮮でした。

 これまで、水の量も今回教えていただいた量よりも

 だいぶ多かったことが分かりました。

 次回、上記のやり方に挑戦します。


(きょうこ)