読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夕食ボランティアレポート (53)  H28年6月21日(火)

16:50 帰宅

    トイレ〇

    入浴

17:50 薬

18:00 食事

19:20 食事終了

19:30 トイレ×

19:40  玄関で利津子さんに報告し、終了。

薬 4袋

デパケンランドセンカルバマゼピン、マイスタン、天然酵母

メニュー

「びんちょうまぐろ丼 ・ 豚肉とれんこんのごま味噌煮 ・ オクラとなすの梅おかかあえ」

メモ

びんちょうまぐろとオクラとなすの梅おかかあえは、水で解凍して細かくカット。

豚肉とれんこんのごま味噌煮は、温め後、細かくカット。

れんこんは苦手のようなので細かくしたつもりでしたが、

もう少し細かくても良かったのかも知れません。

びんちょうまぐろはタレに漬込んであったので、味付けはせず、刻みねぎをのせて。

ご飯は、酢飯にしました。

まぐろは魚臭さもなく、最初の出だしは良かったのですが、

どの食材も三分の一ほど食べたところで、進まなくなり、食事終了となりました。

食べようとしてくれようとする動作(頭を後ろに振る)をしてくれていたのですが、

食べ物を口に含んだままなくならず、出そうとしてもあまり出せず、

水もほとんど飲まずでした。時間もかかり、負担ばかりかけてしまいました。

食事前、イスに座る前に声がけしたら、自ら起き上がってくれて、

イスに座る時もとても協力的でした。

薬もほぼこぼさず、いつもより早めに飲めていたし、食事の滑り出しも悪くはなく、

ほのかさんに変わったところは見受けられませんでした。

食事中、私の焦る気持ちを押しつけてしまったのだと思います。

食べることばかりにならずに、

ほのかさんに聞くことを優先しなければいけなかったです。

まるで、夕ボラを始めた初期の頃に戻ってしまったようでした。

食事後のトイレも×、三分の一残っていた食材もうっかり棄ててしまい、

そのあとの片付けも出来ず、散らかしたままで終了してしまいました。

今回は、ご迷惑、ご負担ばかりかけ、更に、帰りの時間も押してしまいました。

申し訳ありませんでした。

反省だらけの回でしたが、次回気持ちを改めて させていただきたいと思います。

 

(きょうこ)